Loading...

President's Voice

理事長からの動画メッセージ

理念をささえる“DOHENプライド”と“DOHENブランド”

私たちDOHENは、「福祉は“サービス”」であると明言しています。
その言葉には「人のために力を尽くす」「奉仕」という意味があり、乳幼児から高齢者までの幅広いお客様に満足していただくために“上質な”サービスが必要となります。
それには「DOHENの施設・スタッフだから安心できる」というお客様との信頼関係が大切です。
そこで力を入れているのが、上質かつ安定したDOHENクオリティを提供できるスタッフの人財育成です。
これまでは福祉業界の特徴でもある、情緒的な部分を優先することが定石となっておりましたが、近年では科学性に裏付けられたエビデンス(根拠)の部分に注力し、科学性と情緒性のバランスが取れた指導に努めています。
さらに、職種や立場に応じてスタッフとしての役割を果たせるようになる、“本物の”プロフェッショナル、キャリアアップを目指せる環境を整えています。
私たちの理念をささえている“DOHENブランド”とは「全てにおいて上質である」こと、“DOHENプライド”とは「全てにおいて本物である」ことが根底に流れているのです。
そして、これから私たちが目指す最終到達点のイメージは、サービスを受けるお客様、地域の方々、そこで働くスタッフ、全ての人たちが「DOHEN」という言葉を聞いただけで直感的に安心と信頼、満足を感じていただけるような組織となっていくことなのです。

理事長 久保 徹