Loading...

DOHEN Recruit

CROSS TALK #04

入社して1年目のスタッフが各施設から集まり、DOHENとの
出会いから入社、そして働くことでわかった魅力をお伝えします。

MEMBER

母子サービス
メゾンンクオーレ 少年指導員

2018年入社

児童サービス
子供の家三美園 指導員

2018年入社

高齢者サービス
可部南静養園 介護士

2018年入社

高齢者サービス
緑ヶ丘静養園 介護士

2018年入社

section1

数ある企業や法人の中から
DOHENを選んだその理由

  • 皆さんは、DOHENとの出会いを覚えていますか?私は、元々一般企業への就職を考えていましたが、心理学部の施設見学で児童養護施設に行き、子どもにかかわる仕事をしたいという自分の思いに気づきました。キャリアセンターでDOHENを紹介してもらい、会社説明会に参加しました。

  • 私は、母子家庭の支援をしたくて社会福祉学部に入りました。私は山口出身で、一人暮らしをしたくて就職を広島で考えていたところ、就職ナビサイトでDOHENのことを知りました。母子生活支援施設は山口でも珍しく、これだけ色々な事業がある社会福祉法人もありません。そして、法人理念の中にチャレンジ精神を掲げられていたことに共感しました。私もチャレンジすることが好きなので、頑張ったら評価してもらえるかなと・・・。入社に際し、私は高齢者サービスにチャレンジすることになりました。

  • 私も、福祉を、特に子どもの支援をしたいという気持ちがあって、社会学部に入りました。しかし、就職活動中は、施設勤務に毎日ジャージを着て走りまわって汗かいてというイメージがあって、スーツを着てオフィスに出勤するような仕事にあこがれもあったので、どちらにするのか迷いました。そんな中、合同企業説明会でDOHENのブースを訪問し、良い意味で企業的な感覚を持つ5事業の福祉サービスがあるDOHENは魅力的でした。あとは給料です。例えそれが福祉でも、やりたいことをやって生活ができなかったら意味がないと思っていたので、生活ができる給料や福利厚生など環境が整っているところがDOHENでした。

  • 私も一人暮らしを始めたかったので、働くスタッフに給料が公開されていて安心して将来を思い描けたのは大きかったですね。

  • 私とDOHENとの出会いは、大学3年の時のさくら苑の施設実習です。最初は、福祉の仕事ができればとしか考えていませんでした。私にとって、DOHENの法人事務局の存在は大きくて、施設とは違う部署があってそこでの働き方も選択ができるとか、将来的にキャリアビジョンが描けるというのが、とても新鮮でした。福祉で働くことは=(イコール)施設で働くことと思っていましたが、それが施設ではなく法人であれば企業と何ら変わりないですよね。言葉は悪いですが、DOHENであれば何でもよかったと思います。どこに配属されても頑張りますっていう気持ちになれました。

section2

DOHENのスタッフはあたたかい
人を思いやる気持ちが感じられた

  • さくら苑の施設実習では、1時間かけて施設の役割や業務の説明があって、行事の手伝いや帰ってきた子どもたちとホールで一緒にかかわったりしました。DOHENのスタッフは、実習生に対してもお客さまをおもてなしするように丁寧に接します。正直すごいと思いました。学生の頃の私は、施設実習の担当スタッフに対して、手当が出るわけでもないのに受け入れてもらえていることに、申し訳ないと思う気持ちがありました。

  • 確かに、施設で働くスタッフとお会いしても、イヤな気持ちにならなかったですね。採用試験の時も、良い意味で自分が試されているという感じもなくて。会社説明会でもRecruitスタッフとかかわっていて、私は皆さんと一緒に働きたいという気持ちが終始ありました。

  • DOHENはスタッフがあたたかいですよね。合同企業説明会で会場が閉まる10分くらい前に、私は福祉関係の企業や法人が集まるエリアに行きました。まわりは片付け始めていましたが、DOHENのRecruitスタッフだけが出迎えてくれました。私一人しかいなかったにも関わらず、質問にも丁寧に答えていただき、就職活動の相談や悩みまで親身に聞いてもらいました。学生相手のRecruit活動に、ここまで力を入れて取り組まれているところにも感動しました。

  • そういえば、就職活動中、自分の状況や思いとすれ違いがないようにすり合わせをしてくれたのは、DOHENだけでした。採用担当者による個別面談に始まり一次選考、最終選考、内定フォローの個別面談や施設案内など、そこまで徹底しているのはすごいと思った記憶があります。実際に働き始めても、そのあたたかさにギャップはありませんでした。例えば、誰かが体調を崩して勤務調整が必要になるとき、そういうスタッフがいても誰ひとり顔を曇らさず、多少勤務が変わっても文句一つなく「はい、わかりました」とあっさり承諾します。それが当たり前なのが、私はとても素敵なことだと思います。

section3

社会人になることへの不安を
安心や成長に変えてくれる環境

  • 学生の頃、私は自分が「きちんとした社会人」になれるか心配でした。卒業しただけで本当に社会人になれるのだろうかという思いがありました。今までずっと学生だったので、社会人は少し高いポジションにあるような気がして、自分が社会人になること自体想像できませんでした。

  • 「社会人になるんだから」と私も親に言われました。もちろんそうなんですが、どこか「社会人ってなんだろう?」という思いがあって、自分の中に定義がない。どうすればいいのかわからなかったのですが、DOHENの内定フォローやグループワークを通して、社会人とは何かということを明確にしていく中で、こういうことを意識すればいいのかというのがわかってきました。入社してからは、業務の中でその疑問や不安が少しずつ解消されていきました。自分が100%できているかはわかりませんが・・・。

  • 会社説明会で話を聞いていた時、私はDOHENに自分を受け入れてもらえていると感じました。社会人の方からすれば、何もできない、わかっていない学生なんてという感じだと思いますが、DOHENは自分を一から受け止めてもらえたので、働き始めたとたん見放されるような不安がなかったです。

  • さくら苑の施設実習で、スタッフの丁寧な対応やマナーを見て、そういうところも含めて自分は勉強したいと思って、DOHENを選んだところはあります。入社した後、どういったOJTや指導を受けられどんなキャリアを積めるのか、そして待遇や福利厚生を明確に情報開示してもらえたこともプラスでした。DOHENなら、自分がきちんとした社会人になれると思いました。

  • そうですよね。働き始めてからも、いい意味で厳しさがあるところだと思いました。DOHENのスタッフには、マナーや礼儀がしっかりと根付いています。例えば、出勤したら挨拶をします。上着を脱いでカバンを置いて「おはようございます」とまわりに一礼をします。当たり前のことですが、普通はそこまでしません。お茶出しなどお客さまへの対応も、1年目の早いうちからやらせてもらえて、社会人としての基礎力が身につく職場だと思います。

  • 私は児童サービスに行きたいと思っていましたが、専攻も違うし福祉を専門的に学んだわけではないので、不安でした。ただ、働くスタッフのためにある各種制度、スキルアップや成長のためのOJTや研修や困った時のための待遇や福利厚生などを、入社前に知ることができたのは大きかったかもしれません。自分にとって、それが安心に繋がったのだと思います。

section4

この1年間を振り返って
積み重ねた学びをチカラに

  • 入社式の後、3日間行われる新任職員研修でよく覚えているのが、外部講師の方が指導されたロールプレイです。上司の指示を達成するためのプロセスをシミュレーションしますが、多分どの業界であっても通用する実践型でした。厳しい指導のもと自分で頭を使って身につける内容で、ここまで高いレベルの研修を用意してもらえるとは想像できませんでした。

  • 初日の理事長による理念研修も印象的でした。理事長は法人組織でもトップの方なので私はとても緊張しました。

  • 法人理念について、一言一句ここはこうだからとその言葉を選んだエビデンスを追求し、理事長が新任職員に語りかけてくださるのはとても新鮮でしたね。

  • 配属になってからは、高齢者3施設合同で座学の研修があり各施設でも研修がありました。初めての現場では介護をせず、ご利用者さまとのコミュニケーションに2週間かけた後、本格的な業務でした。介護に慣れてきたら、とにかくOJTの先輩についてまわっていました。

  • 私の場合は座学の後、1週間同期と共に介助の練習をしてから、それぞれの部署へ配属されました。それからは、とにかく毎日OJTの先輩や職場の誰かがついてくださいました。早番だったら早番の仕事も一から教えてもらい、業務の中で介助の指導を受けました。

  • 母子サービスでは、OJTの先輩にわからないことがあれば質問して、少しずつ指導していただきました。初めての宿直も色々教えてもらいながら乗りきったことを覚えています。OJTの先輩とは別に、主任とも月に1度面談がありますね。他にもマニュアルが用意されています。例えば避難訓練や生活保護の申請の仕方など細分化されていて、最初に目を通しておいて必要な時に何度も見かえします。

  • 児童サービスも同じで、わからないことがあったらマニュアルを開いて、それを物差しにすればいいという基準があるのは、ありがたいと思います。

section5

福祉を目指す学生の皆さんへ
「DOHENだったら大丈夫」

  • 私は社会福祉士の勉強をしてきたので、実践的な介護技術などはあまり勉強してきませんでした。いざ施設実習で現場に入っても、マイナスイメージを受けてしまうためか、まわりの同級生からも現場に入りたくないという声を耳にしました。実習生たちも、現場ではなく地域包括支援センターとか相談員の仕事をできるだけ探そうとします。私もそうでした。しかし今、実際に現場で働いてみて、たしかに時につらいこともありますが、私はご利用者さまとかかわる仕事は好きですし介護士としてスタートできて良かったと思っています。

  • 就職活動の中で、私はギリギリまで福祉を選べませんでした。福祉を学んでいても、まわりの友人たちが違う業界や企業へ行くことが多いので、気持ちが揺らいだり悩んだりする学生の方の気持ちがわかります。私は実際に働いてみて、ご利用者さまもその人なりの人生があって、そこにかかわり支援ができるということが、福祉の一番の魅力だと実感しています。ここまで他の人の人生に寄り添える仕事は福祉しかありません。この魅力に共感する気持ちが少しでもあるなら、チャレンジしてほしいと思います。福祉はいろいろと大変な仕事と思われがちですが、DOHENならやりがいを持って働きながら、自分のプライベートも大切にすることができます。

  • 現場は入ってみないとわからないことばかりです。正直、学校の授業で「傾聴・受容」と学んでも、実際の現場では、いくら話を聞いて大丈夫ですよと言っても伝わらない、不安で落ち着くことのできない人もたくさんいらっしゃいます。でも、とにかく挑戦してみればいいと思います。DOHENだったら大丈夫です。

  • 私は今、この仕事をしている自分が好きだなと思います。現場では指導員として子どもたちに大切なことを伝えるために叱ることもありますが、子どもとかかわっている時間は何より楽しいです。自分がやりたいことを仕事にできている大きな充実感があって、これまで辞めたいと思ったことは一度もありません。

  • DOHENでは、自分の生活を大切にしながら安心して福祉の仕事に取り組み、社会人としても成長することができます。ぜひ、私たちに会いに来てください。

DOHENが気になったら、
直接聞いてみよう!

DOHENが気になったら、
直接聞いてみよう!