保育サービス

保育園ゆりかご

保育内容

日差しに包まれた園庭では、
裸足の子どもたちが歓声を上げ保育士の方へ走ってゆく。

保育園は、子どもが初めて社会体験をするところです。
私たちは、その大切な命をお預かりし育む「生活の場」となり、
保護者の方にとって「子育てのパートナー」となることを目指します。

遊び

子どもは「遊び」を通して様々なことを学びます。友だちや保育士と夢中になって遊ぶことで、自然と楽しさを知り友だちと共感します。その中で、豊かな感受性や思いやりの心を育み、気持ちを伝える言葉への興味が生まれます。園庭では、裸足※で自由遊びを楽しみ、体幹やバランス感覚を鍛えケガをしない基礎体力を身につけます。教育ではなく、工夫や仕掛けをこらした「遊び」を通して、子ども自身が楽しみながら自らの能力や可能性を伸ばしていきます。(※4月から11月まで)

保育士の呼び方

保育園ゆりかごでは、子どもと保育士は名前で呼び合います。保育士は「先生」ではありません。「ひとりの人格を備えた子ども」と「ひとりの個性を持った保育士」として向き合い尊重することで信頼関係を築き、子ども一人ひとりの自己肯定感を高め主体性を育みます。そして、保護者の方からも「子育てのパートナー」として認められ、気軽に声がかけられ相談できる存在となることを目指します。

給食とおやつ

園内の調理室では、給食やおやつの多くを手作りします。旬の食材を活かした献立には、行事食も採用しています。また、子どもたちが育てた野菜を給食に取り入れたり、栄養士や調理員との食育の時間を持ったりすることで、「食」に興味を持ち作ってくれる人たちへの親しみと感謝する心を養っていきます。

年間行事

季節の移り変わりの中で、多彩な行事やイベントを通してメリハリのある楽しい毎日を過ごし、思い出に残る経験を積み重ねていきます。主要行事では、プロカメラマン撮影による写真販売を行っています。

保護者と園をつなぐ連絡アプリ
「きっずノート」

保育園ゆりかごでは、連絡アプリ「きっずノート」を導入しています。登録されたパソコン、スマートフォンから写真や動画でお子さまの園での様子を知ることができ、そのデータをダウンロードすることが可能です。その他にも、行事予定や連絡事項、給食やおやつを確認することができます。日中離れて過ごす保護者の方へ安心をお届けします。

保育環境

保育園ゆりかごは、
「社会福祉法人広島県同胞援護財団」
“DOHEN”が運営する保育施設です。

DOHEN(どうえん)は広島県で6つの保育施設を運営しています。
そのスケールメリットを活かし、自然豊かでおだやかな子育て環境のもと、
地域の皆さまとともに、子どもたちの健やかな成長を育みます。

保育園ゆりかご

施設レイアウト

施設レイアウト

保育士

保育園ゆりかごでは、登降園時に担当の保育士が必ず保護者の方とお話をさせていただきます。お子さまの日々の様子や成長を共有し連携を深め、「子育てのパートナー」としてアドバイスやサポートを行い、一体的な保育を実践します。そのため、各種研修やOJTを実施し、保育士の社会人基礎力の醸成やスキルアップを促します。あわせて、子どもたちや保護者の方とのコミュニケーションを深めるためカウンセリング研修も実施。エビデンスに基づいた上質でムラのない保育サービスの提供のため、マニュアルを完備しサービス残業の禁止などコンプライアンスを徹底させた運営を進めてきました。ICT化による事務処理削減など業務の効率化により職場環境を改善し心身の健康を守り、保育士がその能力を発揮できる環境づくりに力を注いでいます。

生活の場

園庭には季節が感じられる花木を植え、保育室や廊下には絵画やポスターを飾っています。また、給食はテーブルクロスを敷き生花を飾った和やかな雰囲気の中でいただきます。くつろぎを生み出す空間づくりで、子どもたちを落ち着かせ情緒を養います。

安心安全の確保

登降園支援ソフト「さくらシステム」や防犯カメラなどを設置し、保育士はもちろん施設長から事務員まで、園全体で連携し常に見守ることで、子どもたちの安全確保を徹底します。安全柵や指はさみ防止扉など、事故を防止する施設設備が充実しています。園内の清掃消毒に努め、お子さまの健康状態を把握するとともに、歯科医師による健康な歯を守る指導を行い、歯磨きや手洗い指導にも注力します。万が一、感染症などが発生した場合は、園全体に周知しマニュアルに基づいた対策を徹底します。全職員が救急救命法の講習を受け、AEDの設置やSIDS(乳幼児突然死症候群)の対応訓練も実施しています。加えて、給食とおやつはアレルギーなど特別食の対応も可能です。

保育園での生活

すべての子どもたちがOnly One。
一人ひとりのことを思いながら、
丁寧に保育計画を作成します。

子どもたちの成長は、月齢や年齢だけでは判断できません。
それぞれの担任者が、お子さまの発達の状況や性格なども考慮します。
またクラスごとに月案と週案を作成し、きめ細やかな保育を実践しています。

保育園での生活

デイリープログラム

デイリープログラム

保育時間

標準時間保育

7時30分~18時30分

短時間保育

8時30分~16時30分

延長保育(ドルフィンクラス)

定員/80名 18時30分~19時30分

乳児クラスと幼児クラスで保育し、補食(簡単なおやつ)があります。
ただし、手続きが必要です。保育園ゆりかごの事務室にてご相談ください。

準備期間保育

入園後、約1週間は原則として半日保育となります。

お子さまは、環境の変化により心身ともに疲れやすくなっています。
そのため1週間ほど、昼頃までのお迎えをお願いします。

休園日

日曜日、祝祭日、年末年始(12月30日から1月4日)

登園・降園

  • 登園・降園時には、必ず保護者の方の責任において送迎してください。
    お迎えの方が通常より異なる場合は、あらかじめ園の方へご連絡をお願いします。

  • 登園は、10時までにお願いします。やむをえず10時以降の登園となる場合は、事前にご連絡ください。
    ご連絡がない場合、昼食の準備ができないこともあります。

  • 毎日の登園の際に、保育室の前にある「メモランダム」のお子さまの欄へ、ご家庭での健康状態
    (便の状態、体温、咳、食事、機嫌)および登園時間、降園予定時間等をご記入ください。

  • 降園の際は、保育園でのお子さまの様子を保育士よりお聞きください。
    「今日の様子」をボードで掲示し、連絡アプリ「きっずノート」からも写真や動画でお子さまの様子を確認できます。

子育て支援事業

地域とともに歩む保育園であるために、
子育て支援事業に取り組んでいます。

保育園ゆりかごは、入園されるお子さまを保育するとともに、
家庭や地域の様々な関係機関との連携を図りながら、入園されるお子さまの
保護者の方および地域の子育て家庭への支援を行う役割があります。
園庭開放や一時保育、子育て相談など幅広くご提供しています。

子育て支援事業

園庭開放

  • 毎週水曜日 10時~12時

地域の子育て家庭の皆さまへ、子育て支援室や保育園の園庭、保育室を開放しています。
年間を通してイベントも計画しています。ご近所やお知り合いの方にお伝えください。

わかばママ・わかばパパ応援教室

  • 毎月1回(平日) 10時~12時

わかばママ・わかばパパの対象者の方は、初めて出産される妊娠6カ月から8カ月までの妊婦の方と初めて父親になられる方です。
0歳児とのふれあいの中で、赤ちゃんの可愛さを感じていただくとともに育児のポイントをお伝えします。

育児講座

子育てに関するテーマで育児講座を開催します。内容の詳細についてはお問い合わせください。

子育て相談電話

  • 保育園ゆりかご相談専用電話 : 082-246-8741
    保育士による子育て相談を行っています。お気軽にお問い合わせください。

にこにこベビールーム

地域の方々が、いつでも授乳やおむつ交換できる場所があります。また、ミルクのお湯もご用意しています。

保育園ゆりかごへのお問い合わせや
施設見学のお申し込みは、こちらから